活動報告 活動報告

  1. ホーム
  2. 活動報告

2017冬の学校林イベントを開催しました。

2017年3月12日(日)2017年の冬の学校林イベントとして「雪の学校林を歩こう! 〜学校林未踏エリア調査・観察体験 vol.2 〜」を開催しましたので、お知らせします。

今回の踏査エリア

rootmap20170312.png

調査の目的と方法

目的

  1. 特徴的な「林分」の把握、管理方針をざっくり決める
    たとえば、今回は「トドマツ林だけどミズナラがかなり混交してる」場所があり、どの辺なのかGPSで確認しつつみんなでマップに落とす。そして、「どう管理したらいいか」を林業チームが提案、みんなで話し合い、内容をマップにメモする。
    ・間伐などの施業をすべきか、当面見守る=保全でいいのか
    ・アクティビティ利用はどうするか、トレイル等は必要か
    ・その他
  2. 特徴的なランドマーク、アクティビティのアイディアなどを記録
    特に大きな木など、「胸高直径40cmのイタヤカエデがある」など。ポイントをGPSで記録、写真をとり、マップにメモする。
    直径も「輪尺」で計る。
    「ここで見晴らしスペースつくりたい」とか、「ここまでトレイルでつなぎたい」とかのアイディアが出れば、マップに記録する。

方法

昨年は37小班を主に踏査した。その東がわの尾根を踏査する。(66、39小班の小尾根は省略)尾根の中腹を歩き、沢と斜面を確認する。
行き帰りで尾根の西側・東側をとおり、尾根と谷の全体像を把握して戻ってくる。
特徴的な林分、活用上のアイディアなども、マップに落とし、今後の管理に活用できるようにする。

ルートのトレース
去年同様、GPSを見ながら、マップのルートを誘導する。「今、マップ上のこの辺にいるよ」をみんなに教える。

【分担】
・GPS係(1名)
・マップ係(参加者全員。今回踏査エリアをイメージしてもらう)
・写真係(データ記録専門1名。特徴的林相、ランドマークなどを分かりやすく撮影)
・計測係(木のサイズなど。1名)

今回の調査終了後、データを整理し、企画委にて、大きいマップに書き込む。それをもとに分かりやすくデータ化したものを作る。

調査報告

快晴に恵まれた3月12日、「雪の学校林を歩こう!~学校林未踏エリア調査・観察体験 vol.2~」を開催致しました。朝から日が差す適温の中、快適な調査・観察体験となりました。

今回の参加者は26名。調査・観察体験が主目的ではありますが、雪中BBQがお目当ての方もいらっしゃったのではないでしょうか(笑)。
ただ、調査はいたって真面目に実施しています。陣内隊長(南35期)の号令の元、GPS案内係、写真記録係などに役割分担し、調査隊員はエリア毎に今後その場所をどのように開拓するのか、いや保存していくのか等を検討します。木の寿命は長いので、なんと50年、100年先のことまで考えて検討するんですよ!

調査後はお楽しみのBBQ。以前に製作した「森の広場ファイアプレイス」も雪の下。今回は雪が多かったので掘り起こすのが大変でした。頑張って掘り起こした甲斐あって、BBQは大盛況。持ち寄りの食材のレベルが年々高まっていくのは気のせいでしょうか!?でも一番のヒットはマシュマロだったりして。また、今回はなんと参加者の中に自ら樹液のシロップを採取・精製される方がいらっしゃいました(2名も!)。実際にごちそうになりましたが、正に自然の恵み。素朴ですっきりした味わいの樹液シロップは絶品でした。もしかすると、学校林で採取する日も近いかもしれません!

さて、今回も実りのある調査・観察体験となりました。手前みそではありますが、学校林のイベントは何れも得難い体験になること間違いありません。今回ご参加頂いた方も、残念ながらまだ参加したことがない方も、今後のイベントに、是非ご参加下さい。心よりお待ちしております。

フォトアルバム・活動動画

※掲載に不都合な写真があればお知らせください。

 

2016年度在校生森づくり作業実施しました。

2016090701.jpg

なんとか台風をやり過ごした9月7日、在校生による学校林作業が無事終了しました。今年が2回目となる笹刈作業です。

今回の作業場所の道路の反対側は去年の1年生が笹を刈って綺麗にしたところ。「笹を刈るとこんな風になるんだよ、頑張ってね」と説明されても、目の前にそびえ立つ背丈より高い笹の壁を前に、あちこちから「マジか!」「どうやって刈るんだ!」と不安の声が聞こえてきます。しかし作業を始めると、ノコギリの使い方にも次第に慣れていき、面白いように笹刈が進み、視界が開けていきます。見ている方が心配になるくらい、笹藪の奥まで入り込んで作業するグループも多くいました。

最後にクラスとクラスの間に残った笹の壁を、競い合うように刈り取っていく様子はまるでトンネルの開通工事を見ているようでした。作業終了の号令がかかった時に、生徒が「オレ、むっちゃ速く切れるようになったのにな!」と、ちょっと残念そうに言っていたのが印象的でした。生徒の皆さん、引率の先生方、大変な作業本当にお疲れ様でした。

笹を刈って明るくなった場所では、眠っていた種が芽を出し新しい木々が育ちます。そんな森をぜひまた見に来ていただきたいと思います。

14191935_10210324220847031_8237807540741367959_n.jpg

今回の作業エリアは地図上の赤くに塗られた部分。昨年(2015年度)は黄色の部分を作業しました。(黄色の逆台形状のエリアが学校林です。)

2016090702.jpg

クラスごとに配置につき、どんどん笹を刈っていきます

14291890_1128329973912481_3022889482312828099_n.jpg

道路からかなり奥まで入って笹を刈る生徒たち

14183763_1128329910579154_7918603614855737575_n.jpg

笹刈の意味や間伐する木、次世代に残す木についての説明を聞く

14238193_1128329953912483_3053542879965296043_n.jpg

背丈よりも高い笹も皆で力を合わせてやっつけてやりました

14238088_1128691730542972_4923178802622219747_n.jpg

笹刈終了!もう何も残ってないね~

 

森のひろば「ファイヤープレイス」造りワークショップ

01.jpg

10月26日(日)穏やかな秋晴れに恵まれたこの日、秋の学校林イベント『森のひろば「ファイアプレイス」作りワークショップ』が行われました。この春から学校林でのさまざまなレクリエーション等の活動の拠点となる「ひろば」づくりを進めてきましたが、今回はひろばの中心に森遊びの基本「焚き火」を楽しむための炉を参加者全員で作ってしまおうというワークショップなのです。同窓生・関係者25名に在校生11名の総勢36名の参加者で朝9時から作業を開始。

企画活動委員の陣内さんが構想を練り、石積みの炉をつくるという話だったので、設置場所を平らにして、基礎砂利を敷いて、その上に河原にあるような少し大きめの石を積んでいくのかな~と想像していたのですが、白旗山の森林活用センターに集合し、広場まで15分程度の山道を登っていくとなにやらユニック車で巨大な石を下ろしています。
なんか話違うくね??と思ったものの、ここまできてしまったらやるしかないわけで。

作業は石積み作業班、薪づくり班、笹狩り班、そして豚汁調理班にゆるーく分かれて進みます。石積み作業班では現役生の若い衆の活躍が期待されていたものの、実際は南31期の先輩たちが大活躍!石屋さんの親方の指導のもと、基礎を丁寧に敷いていきます。
今回作業に使った石は南区常盤で切り出された「札幌軟石」 正式には「支笏噴火溶結凝灰岩」というそうですが、「軟石」と言われるだけあって、工具をつかって形の加工が可能で、ベースを敷いた上に円形になるように加工しながら石を置いていき、調理班の豚汁のいいにおいが森に漂い始めたちょうどお昼ごろ、最後の石をはめ込んで作業完了。早速、記念写真と火入れです。

現役山岳部の生徒たちはさっそく飯ごうでご飯を炊いたり、アルミホイルで芋や野菜を焼いてのお昼ご飯。調理班の豚汁、そして34期の佐竹先輩差し入れの焼肉がうまい!!焚き火を囲んでしばしの森談義のあと、火の後始末を終えて午後2時、ミッション完了となり皆で下山となりました。
ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした!!大変ありがとうございました。

02.jpgユニック車から下ろされる巨大軟石。

03.jpgまずは地盤を平坦に均します。現役山岳部の皆さん、大活躍!

04.jpg

とりあえず地盤に基礎となる軟石の床版を一枚敷いてみたところで札幌軟石についての説明をお伺いしました。

05.jpg

調理班の準備開始!!

06.jpg

しっかり腰に力を入れて持ち上げるのだ!!

07.jpg

ベースとなる床板の上に軟石を削りながら円形になるように石を設置してゆきます。

08.jpg

なんとか組み上がりました!

09.jpg

早速火入れ!現役生は飯盒持参でごはんを炊いてます〜

10.jpg

調理班のおいしい豚汁も完成!!配給の列に並びます。

11.jpg

34期佐竹先輩からはお肉の差し入れ♪ 佐竹先輩、ありがとうございます!

12.jpg

皆さん、本当にお疲れさまでした!!写真は企画活動委員の足立くんが木の上からパチリ!

当日の様子をタイムラプス動画にしました。また、こちらから当日のフォトアルバムもご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

次の学校林イベントは冬の学校林散策会の予定です。時期的には2015年2月〜3月を予定していますが、決まり次第お知らせ致しますので沢山の皆さまにご参加いただきたくよろしくお願いします。

六華同窓会総会・懇親会にて学校林活動をPRしました。

2014年10月18日に開催された六華同窓会総会・懇親会において、学校林活動のPRを行いました。総合受付横のブースに終身会員の受付に並んで、学校林ブースを設置していただき、「寄付の受付」「南高学校林100年の歩み〜造林育人」の販売し、また、懇親会では企画活動委員、陣内隊長がまさに「WoodJob〜森の仕事人」の出立ちで各テーブルを周り、学校林のPRと寄付を募りました。

おかげさまで当日頂いた寄付金の総額ななんと「110,025円」!!多額の寄付が寄せられたことに企画活動委員一同、驚きとともに心からの感謝を申し上げます。26日(日曜日)は秋の学校林を楽しむ散策会とワークショップが行われます。まだ、参加できますのでご都合がつきましたらぜひご参加下さいませ。

 

uketuke01.jpg当日の学校林PRブース。場所を確保していただきました幹事期「南39期」の皆さま、本当にありがとうございました!

jinnouchi01.jpg

WoodJobスタイルで現れた陣内くんと今回のチラシを作成してくれた伊藤千織さん。しかし陣内はこのスタイルでよく会場までコれたものだ。(チェンソーに腰に斧じゃ、普通会場にはいれないだろw)

pr01.jpg

陣内隊長、絶賛大アピール中!!おかげ様で多額の寄付金を頂戴いたしました。ご協力を頂いた皆さま、本当にありがとうございます。これからの100年以上にわたって歴史を紡ぐ森のために大切に使わせて頂きます。

春の学校林散策

2014年の六華同窓会総会・懇親会実行委員会(南39期)主催の「春の学校林散策会」は好天にも恵まれ無事終了しました。実行委員会からの報告レポの転載です。


5月25日、日曜日、晴天にも恵まれ第16回学校林散策会を実施しました。当日は150名の同窓生、在校生、教職員の皆さまにご参加をいただき、恒例の山菜取りや、お昼ごはんには今回初めて提供させていただいたカレーライスも好評を頂き、参加者全員、学校林の春を満喫いたしました。

参加者アンケートより

  • 学校林散策では世代を超えた一体感があり、予想以上の楽しさが得られます(OB/参加4回以上)
  • カレーがおいしかったです!(OB/参加 3 回目) 
  • たけのこなど取れるととても楽しいです!!(現役生/参加 2 回目)

01.png
受付の様子(南高校)

続きを読む

「雪の学校林を歩こう」を開催しました。

雪の学校林散策会

2014年3月9日(日)雪の学校林を歩く散策会を実施しました。

続きを読む

秋の学校林散策会

2013年10月20日、学校林財団企画運営委員会の初めての主催行事として「秋の学校林散策会」を開催しました。当日は24名(同窓生15名、ご家族8名、定時制教員1名)の参加をいただき、朝9時15分に有明小学校を出発。「造林育人」の記念碑をまわって学校林を散策、35期陣内君が事前に準備をしたデイキャンプ地で焚き火を囲んでお弁当タイムとなりました。時折、小雨の降るちょっと肌寒い天気ではありましたが、温かいコーヒーを飲みつつ、大人は学校林や森、薪の話に、そして子供は薪割りに挑戦したりして秋のひとときを楽しみました。当日の詳しい様子は「札幌南高校学校林ファンクラブ公式Facebookページ」へどうぞ。

20131020.jpg

お知らせ

もっと見る

ページの先頭へ戻る